アダルトチルドレンカウンセリング東京/心の悩み相談室

アダルトチルドレン(AC)カウンセリング東京/心の相談室

HOME人間関係悩み相談・心の相談室グループセラピー癒しのワークショップヒーリングセラビスト養成スクールコラム
第12グループ 満員御礼!
次回のグループの参加者募集!!
 
ACの生きづらさから回復するための  
リカバリーグループセラピー  
〈 対人関係グループ 〉  
   
もっと楽に、楽しく
人と関われる自分に
なりたくないですか?


「楽になりたい!!」「良くなりたい!!」
そして「根本からなおしたい!」
生きづらさや苦しさを抱える多くの方がそういう切実な思いを持って、
オフィスTへ来室されます。
オフィスTでは
そんな本気で「楽になりたい!!」「良くなりたい!!」と思うあなたのために、
リカバリークループセラピーを行っています。、


例えば、こういう苦しさがある方・・・
 
人と話す場面などで 
「緊張する」
「声が震える」、「手が震える」
「頭が真っ白になってしまう」
とか
「とにかく人が怖い」
「怒られるのが怖い」
「人と話すのが怖い」
とか
 
緊張があって
「よく眠れない」、「疲れやすい」とか
 
友達やパートナーが欲しいのに、
「親密になるのが怖い」とか
「人になじめない」、「人の輪の中に入れない」
「自分が話すとなぜか周りがひいてしまう」とか

「人と何を話せばいいのか分からない」

「人との距離のとり方が分からない」
「いつも同じような人間関係を繰り返してしまう」とか

「そもそも信頼するって分からない」
「親密って分からない」

「楽しい、幸せ、安心も分からない」など
 
実は買い物に行くのも、医者に行くのも、美容院に行くのもおっくうだ、
ということがありますね。

そんなあなたのためのグループセラピーです。


その苦しさは、あなたのせいではありません。
焦らずにじっくり、デモ確実に
癒しの螺旋階段を、共に昇っていきましょう!!
 



このグループは対人関係でお悩みの方(対人恐怖、対人緊張、共依存などでお悩みの方)へ参加していただけます。(1クール6回/全4クール)
グループの詳細つきましては「こちら」もご参照ください。  


  楽に人付き合いできたらいいのに!!!  
   

オフィスTに来室され、ご自分が「共依存なんだ」「人が怖い」「対人緊張がある」という方は、そのつらさをどういうふうに感じていらっしゃるのでしょうか。















「人や親の世話ばかりして疲れるけど、それをやめたら嫌われそうで怖くてやめられない。」
「他人の問題を解決しようと奔走しているのにあまり感謝もされず虚しい。やめようと思うのに気づくと人の問題のことばかり。」
「スケジュール帳は予定でいっぱいなのにさみしい」
「期待に応えないと、と頑張りすぎて、時々何もかも投げ出したくなったり、うつ状態になる。」
「自分のやることは全てダメなので、なんとか人に認めてもらいたいと思っているが失敗ばかりで、人からどう思われているのか怖くて、職場の輪の中に入っていけない。」
「怖そうな人に、怖いと思いながらもくっついてご機嫌をとっている。私が仲良くしたいと思うのはそういう人ばかりだ。」
「人の不機嫌は自分のせいだと、人を怒らせないように常に気を配っている。」
「「人からどう思われているか怖くて自分の意見は言わない・言えない。」
「人と話す場面などで緊張して声が震える、手が震える、頭が真っ白になってしまう。そんな自分がとても恥ずかしい。」
  などなど、そのつらさは人それぞれにあります。


「上手く人と関われるようになりたい!!」、
「楽に人付き合いができるようになりたい!!」
「人への恐怖が減ったらいいのに・・・。」
「自分らしく生きたい!!」

これまでグループに参加された方も同じ気持ちを持っていました。
そしてグループに参加することで楽な自分へと変わっていかれました。
それは安全な人の中であったかい体験をたくさんしていったからなのです。
まさに「人は人によって傷つくけれど、人は人の中で癒される」
(著書表題より)を実感していったのです。

あなたも人のあったかさが伝わってくる、そんな良い体験を
たくさん重ねていけば、
今のつらさからきっと楽になっていけます。


あ〜っ、楽になったな〜!!
(T.Iさん/32才/派遣)
「人が怖くて、だから学校でも職場でもつらいことばかりで、子どもの頃から人といて楽しいなんて一度も感じたことがなかったのに、最近、あ〜っ、と思いました。この頃、人と会っていて楽しいな〜と感じているんです!!自分も楽になったんだな〜って思いました!!」

頼れる私の居場所!!
(N.Oさん/36才/会社員)
最近、オフィスTがお休みの日は「今日はオフィスTがお休みの日だ・・・。」と、ちょっと心細くなります。
そんな時は、ワークで習ったスージングをして自分を落ち着かせています。
今までずっと「一人ぼっち」と感じていたので、そういう自分に最初はとまどったのですが、「自分の居場所」ができたからこその気持ちなんですね。オフィスTを頼りにしていたり、安心とか居心地のよさを感じていてオフィスTが恋しくなるんです。いつの間にか自分が帰る場所ができていたんです。うれしい発見でした。

家に帰ってきたようにホッとするな〜
(K.Sさん/45才/医療関係)
ここにくるとホッとするな〜。「ただいま!」って言いたくなります。
オフィスTが一番安心できるんです。
「自分の家はここだ」と思っていて、毎回グループのメンバーに会うのが楽しみなんです。

たまに、仕事の都合でグループが始まる時間に間に合わない時があるのですが、そんな時も、みんなが自分を待っていてくれるんです。オフィスTに向う電車の中で、そういうみんなの顔が浮かんで「はやくオフィスTに行きたい!!」と思い、初台駅に着くと仕事で疲れていても歩くスピードが自然と早くなります。
オフィスTに来ると、毎回、何かしら得るものがあって、以前の自分に比べると、自分でも「本当に変わったな」と思います。
これからも、もっと楽になるためにグループを続けたいです!!

外川先生でよかった!!
(44歳/女性)
私も癒しをしてきたおかげで、ずいぶん楽になって、以前からやりたいと思っていたパートへ働きに出られるようになりました。当初は、「人が怖い」という思いがあったので、「働けたらいいな」と思うだけで、現実には無理だと思っていました。それが癒しを進める中で「働きにいきたい!」と思えるようになったのです。
実際、パートを始めてみると、職場に良い人が多く、「いい所に決まってよかったな〜」と思いました。
それでも最初はいつまで続けられるかと心配だったのですが、気づくともう半年が経ちました。

そして、最近、気づいたことがあります!!
「周りが良い人」だけでなく、自分も変化していたんです!!

オフィスTに通い始めて、外川先生の人を大切にする生き方は、私にとってどれだけ大きな変化をもたらしたことでしょう。自分を他人から大切に扱ってもらえてはじめて、自分も、他人も大切にできる、ということを肌で感じることができました。
そしてそのことは、いつも自分を見守り、あたたかく励まし、時にはなぐさめてくれる、「心の安全基地」となり、「いつも、ひとりぼっち」の寂しさは、いつしか感じなくなっていました。

それだけでなく、人との接し方や話し方、立ち居振る舞い、仕事に対する真摯な姿勢、さらには大人の女性として上品におしゃれを楽しむ姿までも、外川先生のさまざまな姿を見て、聞いて、感じて、それを自分なりに吸収し実践していたのです。
癒しを進める中で、子どもから「最近、お母さんやさしくなって話しやすい」と言われたり、ママ友達に「以前と比べると、表情がやわらかくなって変わったわね!」と言われたこともありました。人が怖く、コミュニケーションが苦手な私はどこへいったの?という感じなのですが、
外川先生と過ごした時間は、まるで、「良い手本となる親」との間で育ち直しをしたかのようです。
そんなふうに、様々な面で変化、成長し、そして、外の世界へと飛び立つことができたのです。

だから、「どういうセラピストさんを選ぶかで違うんだな〜」としみじみ思うのです。
なぜなら、AC(アダルトチルドレン)の変化、成長には、そのセラピストさんが、「どういう生き方、考え方をしているのか」ということが大きく関わっていると実感したからです。
外川先生で本当によかった!!
そのことを、これから癒しを始めようと考えている方へ教えてさしあげたい!!
そんな気持ちでいっぱいです。
(対人関係グループ参加の方の感想より)




ACの生きづらさから回復するための
リカバリーグループセラピー
〈対人関係グループ〉
さあ、あなたもご一緒に!!
第12グループ 満員御礼
次回のグループの参加者募集!!
ご参加をご希望の方はお早めにご相談くださいませ。
 
クライアント様の抱える生きづらさや苦しさをセラピストも理解し、回復・成長への道を一緒に考えてまいりますので、ご参加をご希望の場合は、まずはセッションをお受けくださいませ。また、クライアント様の癒しを十分深めていくためにも、グループセラピーはセッションを継続されている方にご参加いただいております。


●お申し込み・お問い合わせは(有)オフィスTヒーリングセンター
TEL.03-5355-7055 までお電話くださいませ


このページのトップへ「私、共依存だった!!」へ


  「私、共依存だった!!」  
   


親友だと思っていたけれど・・・。
美智子さんの場合 (33歳 会社員)
 
Kさんとは高校の頃からのつきあいでした。
親友だと思っていたけれど、考えてみれば誘うのはいつも私。
彼女からお誘いが来る時はいつだって彼女が落ち込んでいる時です。
会社で嫌なことがあったとき。彼氏と別れたとき。
話を聞いて欲しいときにいつも「会おうよ〜」って行ってきます。
あるいは長〜いメールが来ます。

私だって話を聞いて欲しいとき「会わない?」ってメールするんですけど、だいたい「ごめん、今日は残業なの〜」とかで断られます。
自分から誘って会うことになっても、結局は彼女のグチを聞かされることになっても、自分のグチは聞いてもらえずに帰ります。

それでも、彼女が辛い時電話がかかってくるので、自分は親友なんだと思っていました。
他の人には言えないことを私には話してくれる、だから聞いてあげなきゃって思ってました。
信用されているようでうれしかったんです。

でも、最近はちっともメールも来ません。彼氏ができたみたいで、結婚も決まったみたいです。
そんないい話は、私に一番に報告してくれるのかと思っていたけど、私には何の連絡もなく他の友人から聞きました。
結婚式の招待状も来ません。
私ってなんだったんでしょう?

彼女の辛い話やグチを一生懸命聞いてあげてたのに、仕事だってそこそこに会いに行ってたのに。

アダルトチルドレンと共依存でも気づいていました。
そんな関係でも、友達がいないよりはマシ。だからしんどくても付き合ってきたんです。
これが共依存だったんですね。


このページのトップへ「私、共依存だった!!」へ



これは愛だと思っていました・・・。
陽子さんの場合(42歳 主婦)
 
年老いてきた母(70歳)に、何もしない兄。
なぜこうなんでしょう?
なぜ私の家はこうなんですか?
だから、私がやるしかないんです。

電車で2時間以上かかるところに住んでいる母が買い物や用事を頼む電話をしてきます。
買い物は、頭痛薬や胃薬、シップなどです。
「そのくらい自分で買いに行けるのに・・・。」「なんで私ばかり・・・。」と思うのですが、一人で暮らす母がかわいそうに思え、行かなければ母が悲しい思いをするのではないか、自分が行かなくちゃ、と駆り立てられるような気持ちになるのです。

でも行くと母は、兄や兄家族への心配ばかりを話します。
私の話は「あなたは大丈夫でしょ。」と言われるだけで聞いてもくれません。しかたなく母の話に付き合い、夕食作りを手伝い、急いで家に帰ります。
そういうことが週に1度はあります。
実家の近くに住む兄は仕事が忙しいようなのですが、休日は家族と出かけ、夏休みや年末年始には何日も旅行に行くのに、母のことは私に任せっきりです。

もう、それが苦しくて苦しくて相談にきました。

そして、セッションを始めて2ヶ月がたち、分かってきたことがありました。

これが「共依存」なんだと。

母は子どもの頃から、兄ばかりをかわいがっていました。
ほめるのも兄だけ。心配するのも兄のことだけで、何から何まで世話を焼いていました。私には「あなたは大丈夫でしょ」と無関心でしたし、兄より成績がよい時などは「お兄ちゃんのことを考えなさい!」と怒られました。

でも結局は自分が頑張ってやることで、逆に本来責任をとるべき人の責任までとっていたんです。自分も実は自分の人生から逃げていたんです。

なので、母から電話が掛かってくると、「こういうときだけ私を頼ってくる」と腹立たしさを感じました。でも、その反面、兄ではなく私を必要としてくれるのが嬉しかったんです。
なので、これは母への「愛」だと思っていました。
でも、違ったんです・・・

母の元に駆けつけ、母の世話をすることで、私は私の人生を進めることから逃げていました。
シックリいかない夫との関係や、ギクシャクしているママ友との関係。そして、そのストレスを子どもに当たってしまうこと。
何とかしなくちゃと思いながら、ずっと見ないフリをしてきました。
そうやって、母のことを優先してごまかしていたんです。
それに、そうしていることで母から受け入れてもらえるような気がして頑張り続けていました。
母から呼ばれているのに行かなければ、「親の世話しない冷たい娘」のような気がして罪悪感もありました。
だから、実際はそんなに頻繁に行く必要のない母のところへ行っていたのです。
そうやって頑張ってやることで、私は自分の人生から逃げていた・・・
そんな自分に気付きました。

アダルトチルドレンと共依存セッションを受けて「頑張り過ぎなくてもいいんだ」と分かってきました。
母もまだ介護が必要なわけではなく、身の周りのことは自分でできますので、今は月に1〜2回様子を見に行くようにしています。
そして、自分の本来、取り組むべきことに目を向けています。


このページのトップへ「私、共依存だった!!」へ


自分の全てを分かってもらいたい、受け入れてもらいたい・・・。
知代さんの場合  (40歳 会社員)
 
休みの日のスケジュールが埋まっていないと不安なんです。
だから、友人から「今度の土曜日あいてる〜?」とか「今度飲み会するんだけど来ない〜?」と聞かれたら、どんなに疲れていてもOKの返事をします。
休みの日に一人で部屋で過ごすさみしさを考えると、とても苦しいし怖いんです。

周りの友人は、休みの日は誰かとおしゃれなカフェでお茶をしたり、買い物をしたり、飲み会をしたり、と一人で過ごすことがないように見えます。
だから自分もそうでなくっちゃ、と思います。
そうでないと、人から好かれないダメな自分に思えてくるのです。

でも、そうやって人と会っていても何だか疲ればかりを感じます。
人に気に入ってもらおう、嫌われないようにしようと人に合わせてばかりなんです。おもしろくなくても皆が笑っていれば自分も笑うし、レストランでメニューを決める時も皆に合わせて決めてしまいます。
「自分を出せたらいいのに」と思うのですが・・・。

アダルトチルドレンと共依存もう一つ困っていることは、話を聞いてくれそうな人に会うと、これまでのつらさや苦しさを話し過ぎてしまうことです。

自分の全てを分かってもらいたいのです。
自分の全てを受け入れて欲しいんです。
だから、あまり親しくなくても「あなたの話を聞いてあげる」という雰囲気の人だと、自分のつらいこと苦しいこと、そういう話を全部してしまうのです。
そして、その人は自分から離れていってしまいます。
いつもこういうパターンを繰り返してしまっている・・・。
だんだん、心にぽっかり穴が開いたような感覚が増していって、苦しくなってオフィスTに来ました。

セッションに通うようになってから分かってきたことは、
これが「共依存」なんだということ。
そして、自分が母親と同じことをしているということ。

幼い頃から、母親は近所のおばさんやママ友と上手くいかないことが度々ありました。毎週のようにお茶や食事をして、何かあるとすぐに電話をしてとても仲良さそうにしているのに、ある日突然のように「あの人は何にも分かってくれない!!」「あんな人ダメよ!!」とか「あんなによくしてあげたのに・・・。」と言っては台所で怒ったり、落ち込んだりしていました。
母親も人に分かってもらおう、受け入れてもらおうとばかりしていたんです。
でも、それが上手くいかないたびに私は八つ当たりされたり、愚痴を聞かされてきました。
それでも私は、そんな母親を気づかったり、心配したり、まるで私のほうが親のようでした。
母親が怒ったり、落ちこんだりしているのは、自分が悪いからだ、とも思ってきました。
母親と共依存の関係だったんです。

できれば、これからも友人達とは付き合っていきたいと思っています。だから自分が身につけてしまった「生き方のクセ」を変えていこうと思います。自分の思いや考えを話せて、適度な距離を持って人と関われる、アダルトチルドレンと共依存そんな楽な自分になりたいです。



ACの生きづらさから回復するための
リカバリーグループセラピー
〈対人関係グループ〉
さあ、あなたもご一緒に!!
第12グループ 満員御礼
次回のグループの参加者募集!!
ご参加をご希望の方はお早めにご相談くださいませ。
 
クライアント様の抱える生きづらさや苦しさをセラピストも理解し、回復・成長への道を一緒に考えてまいりますので、ご参加をご希望の場合は、まずはセッションをお受けくださいませ。また、クライアント様の癒しを十分深めていくためにも、グループセラピーはセッションを継続されている方にご参加いただいております。


●お申し込み・お問い合わせは(有)オフィスTヒーリングセンター
TEL.03-5355-7055 までお電話くださいませ


このページのトップへ「私、共依存だった!!」へ


  セッションメニュー   ご相談内容   よくある質問  
  クライアント様の声   料金   アクセス  
  グループセラピー   他では味わえない癒し  
人間関係悩み相談/心の悩み相談室
 
相談したい、癒したい

ACの癒しを学びたい
ヒーリングを体験したい
さらに知りたい
  → こころの相談室へ
→ 癒しのワークショップへ
→ ヒーリング・スクールへ
→ 無料体験会へ
→ アダルトチルドレン(AC)ってなに?
→ インナーチャイルドってなに?
→ ACをどうやって癒すの?
→ 具体的にどんな悩みを相談できるの?
→ 相談に乗ってくれるセラピストは?
→ 自分を癒すとどう変われるの?

■まずはお電話ください。
お申込み、お問合せは、有限会社オフィスTヒーリングセンター
TEL.03-5355-7055 (月・木曜除く)10:30〜19:00


写真・文章の転用を禁止します。
オフィスTヒーリングセンター 〒155-0033 東京都世田谷区代田4-35-18 TEL.03-5355-7055
アダルトチルドレン(AC)カウンセリング東京/心の相談室/心の相談室/お問合せ
セッション、ワーク、ヒーリングスクールに関するご相談、ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。
〒155-0033
東京都世田谷区代田4-35-18
アクセスマップ
アダルトチルドレン(AC)カウンセリング東京/スタッフコラム・癒しの現場から
ヒーリングセラピスト養成スクール個人レッスンのオススメ
アダルトチルドレン/人間関係悩み相談・心の相談室
誰にも言えずに、ずっと1人で
抱えてきた心の悩み、どうか
1人で悩まずにご相談ください。
アダルトチルドレン・インナーチャイルドの癒し/ワークショップ
ACから回復するための癒しと
成長のワーク。学ぶとしっか
り身につく、癒しが進む!
アダルトチルドレン・インナーチャイルドの癒し/ヒーリングスクール
ヒーリング、透視リーディング
カウンセリングの3つを統合し
て学べるヒーリングスクール
アダルトチルドレン・インナーチャイルドの癒し/ヒーリング・透視リーディング無料体験会
ヒーリング体験、透視リーディング体験の2種あり。
アダルトチルドレン自助グループ/ACミーティング
ACのための自助グループによるシェアリング(無料)です。
毎週火曜日開催。
アダルトチルドレン/インナーチャイルドワーク
ACのための癒しのワーク。
あなたの輝くインナーチャイル
ドを蘇らせよう!
アダルトチルドレン・インナーチャイルドの癒し/清里ワーク
「私が伝えたい、本当の気持ち、その言葉」を探しに癒しの旅に出ます。
外川智子の本
何となく怖い
アダルトチルドレンと愛着障害
〜ACと愛着障害〜
アダルトチルドレンと愛着障害
購入申込書

アダルトチルドレンと対人恐怖
〜ACと対人恐怖〜
アダルトチルドレン(AC)カウンセリング東京/心の相談室/あなたの一番になりたくて〜AC(アダルトチルドレン)と対人恐怖
「私ってヘン?」といつも不安なあなたへ!対人関係が苦手なのは、あなたが“ダメ”だからじゃありません。
購入申込書

私は私をあきらめない
〜家族トラウマを超えて〜
私は私をあきらめない
オーラ療法の第一人者にしてACカウンセラーの著者が贈る、頑張りすぎる現代人、必読の書。オーラはあなたの苦しさの理由を雄弁に語ります。
購入申込書

人は人によって傷つくけれど、人は人の中で癒される
人は人によって傷つくけれど、人は人の中で癒される
アダルトチルドレン、トラウマ、共依存など実践的な心理療法と、オーラやチャクラなどから読み解く透視の技術、ヒーリングのテクニックを併用して、スピリチュアルな領域からクライアントの奥底までアプローチする癒しの書。
購入申込書