アダルトチルドレンカウンセリング東京/心の悩み相談室

アダルトチルドレンカウンセリング東京/心の相談室

HOME人間関係悩み相談・心の相談室グループセラピー癒しのワークショップヒーリングセラビスト養成スクールコラム
第31回 清里ワーク
〜2月の清里ワークに寄せて 外川先生より〜
今回(2018年10月)は、とにかく暑い清里でした。
台風24号の直接の影響はなかったものの、東京も夏日でしたが清里も暑かったです。
でもさすがに高原の風は心地よく、そして八ヶ岳ブルーの青空は心をさらに解放してくれました。今回も参加者の皆さんと、かけがえのない時間を過ごしてきました。
この、せつなさは
 
年々増えているように思うのですが、今回のワークに参加された方々の中にも、母親が発達障害と思われる方が多くなっておりました。

「母の造ったパラレルワールド」
「母の独特の考え方」
「自分のことしか興味を持たない母」
それぞれに様々な言い方をなさるのだけれど、母親の独特な世界を的確に表現されていました。
その母親の世界で迷子になった人たち。
母の作ったパラレルワールドにも、現実の世界にも居場所を見つけられなくて、いつも緊張と不安と恐れの中で生きてきた人。
自分には関心を示してくれず、いつも、何をいっても無視されてきた人。
どんなに主張しても自分の意見は通らない母の世界。その中で見捨てられる日々。

ただ愛して欲しかっただけ。
ただ、少しは女の子らしくしたかっただけ。
ただ雨が降っていないのに長靴をはいていくのが嫌だっただけ。

始めはそんな小さな子どもの願いだったのだけれど、母親との溝はどんどん深くなって、
二次的三次的にトラウマの傷が増えていった。
そんな人たちの苦しさに向き合った3日間でした。
対象恒常性(安全基地がない)
 
今回の清里ワークでは、対象恒常性についてもお勉強しました。
  対象恒常性とは、簡単に言いますと、人を愛し続けるとか、信頼できる、愛着を持ち続けることができるというのは、これを支えている心的構造に「対象恒常性」というものがあります。
対象=母、恒常性=一定であり続けるということです。たとえば、赤ちゃんの心の中に、良い母イメージがあって、
それが心の中に定着していることで、いつも見守ってくれている安心感(安全基地)ができます。だから一人でいてもいろいろな問題や困難があっても乗り越えていけるようになるのですね。この対象恒常性がうまく確立できていないと見捨てられ不安につながります。ワークに参加されたACの皆さんには、この対象恒常性の獲得はとても大切な課題になるので特にお勉強しました。
   
安心できる愛着の絆が結べないことで、こんなにも不安になってしまうのですね。
母はそこにいていつも自分を見守ってくれる。そんな安心な感覚が持てない(安全基地がない)。だから人のことも安心して受け取れない。
だから誰のことも信用できないし、暖かい気持ちをかけてもらっても、その後ですごく怖くなる。

「そんなこと言ったって、どうせ表面的なだけでしょ」
「優しい言葉をかけてくれたって、今だけよね」
「やっぱりいずれは嫌われるのだ」と不安が襲う。

たとえば、電車の中で見かけた親子にも・・・

子どもが「なんでこんなに混んでいるの?」「なんで電車は止まったの?」「まだ〜?」と投げかけます。
お母さんは、やさしくちゃんと一つ一つに答えています。

でもそのときに思ってしまうのです。
「このお母さんは、周りが聞いているから優しく言っているだけよ」「どうせ家の中では怒鳴っているんだわ」「そのうちに、イライラしてきて怒り出すわよ」「きっともうじきキツイいい方するわよ」と自分の鼓動が速くなってしまうのです。

それでもそんな考えが浮かんでいると気づいていたKさんは、そこから成長が始まります。

「やっぱり私は、穏やかさとか、やさしさとか、信じられないのだな」と悲しく語りましたが、それこそが成長のきっかけです。自分についての大きな気づきです。

Sさんのように自分の苦しさの理由(わけ)を知り、体の奥で感じる苦しさの感覚に気づき、その傷み、苦しさ、耐え難い辛さに向き合う。癒しの道はつらいけれど、その耐え難い苦しさに触れるたびに心は軽くなるのです。
そして、いつからか温かさにも気づけるようになるのです。

そして生きる力がついてきたら、母を諦めて一人で進んでいけるようになるのです。

「私の母は発達障害で、人の気持ちに共感ができないようです。」
私が学校で具合が悪くなったとしても、家にいる母にはそのつらさが届かないんです。
目の前にいても、お腹が痛いと言っても「どうせ食べすぎたんでしょ」と不機嫌になるだけですから。
母は母の思っている流れに沿って過ごしているんです。だから少しでも、突発的なことがあるといやがります。ヒステリックに文句を言ってくることもあります。
だからそのたびに傷ついてきたんです。

「私は、母にとって、取るに足らない存在なんだ」
「存在していること自体が迷惑なんだ」そう思ってきました。
だからなるべく存在が目立たないように、人の陰に隠れて生きてきたんです。
いないかのように、生きてきたんです。だから友達なんてできなかったし、担任の先生にさえ忘れられることがありました。グループに分かれるときはいつだって最後に残ってしまいます。
惨めで、悲しかったのを覚えています。
そういう1つ1つの記憶が今の私を消極的にしているんです。
誰にも支えてもらえなかった子供です。いつも一人でやらなければならなかった。
だから自分の手に追えないようなことには最初から手を出さないんです。
だから経験が少ないんです。


母をあきらめるしかないのだと頭ではわかっています。
母に愛されたいとか望んでも、母には分からないんです。だから諦めるしかない・・・

頭では理解しています。でもどうしても、心があきらめきれないと叫ぶんです。
母に見て欲しかった。心配してほしかった。母に可愛がられたかった。

でもどんなに叫んでも母には伝わらない。

それがどんなに悲しいことか、母に愛されたい、分かってもらいたいと望んでも、それは叶わない夢。
それをあきらめるのがどんなにせつないことか。
それでも、手放して行かなければ、先に進めない。

だから自分に力をつける必要があるんです。

私は、外川先生が、「私はあなたを認めているよ」と言ってくれたこと。
  癒しの仲間たちが、私に共感してくれるし、いつも私の話しに耳を傾けてくれる。受け入れられている。それを力にして先へ進みます。

母は私を見て、私の気持ちを聴いて、私の苦しさを分かってくれないけれど、
先生も、仲間のみんなは、わたしを見て、聞いて、わかってくれます。
それでいいんです。

Sさんのように、母親との愛着の絆はうまく結べなかったけれど、お母さんはわざとそうしたのじゃないんだとわかってくれば、許せるようにもなります。
そして、信頼できる人たちに出会えたら、そこに安全基地ができるのです。
●ACの癒し、トラウマからの回復
 
ACの方々が抱える傷みには、幼いころから日々の中で感じてきた苦しさや腹立ち、悲しさやせつなさ、さまざまな苦しい出来事への思いを吐き出して、涙して、語りつくして整理して、決着をつけていく。そしてトラウマを過去のものにして、前に進んでいくための時間が必要なんです。

清里は、その一連の作業の凝縮した時間です。
皆さんは2週に一度のセッションやグループを通して日々の中で気づきを深め、そして清里へやってきます。「年2回の総まとめみたい」とおっしゃいます。
●清里ワークは、ワークの充実感だけでなく、
 
自然の美しさ(新鮮な野菜、濃厚なジャージー牛乳の味、すんだ空気、八ヶ岳ブルーと呼ばれる濃い青い空、広い草原)も清里ワークの楽しみの一つです。
そこへ行くだけでも心が解放される気がします。

そして何よりももっと素敵なことは、仲間と共に過ごすということです。
今まで誰にも言わずに来たことも、みんなの中では、分かってもらえる安心感があります。
初めて参加されたMさんは「グループの皆とも、より距離が縮まった気がする」とおっしゃっていました。それだけでも大きな収穫です。
長い苦しさの中を一人で耐えてきたからこそ、清里で過ごす3日間はかけがえのない時間になるのです。
   
  去年の2月の清里は雪がたくさん降ったので、みんなでソリをして遊びました。
若い方々はもちろん、50代60代の私も雪まみれになって遊びました。
清里では、そんな楽しい時間も大切にしています。
 
     
どうぞ自分をあきらめず、よりよい人生を味わいましょう。
 
 

  セッションメニュー   ご相談内容   よくある質問  
  クライアント様の声   料金   アクセス  
  グループセラピー   他では味わえない癒し  
人間関係悩み相談/心の悩み相談室
 
相談したい、癒したい

ACの癒しを学びたい
ヒーリングを体験したい
さらに知りたい
  → こころの相談室へ
→ 癒しのワークショップへ
→ ヒーリング・スクールへ
→ 無料体験会へ
→ アダルトチルドレン(AC)ってなに?
→ インナーチャイルドってなに?
→ ACをどうやって癒すの?
→ 具体的にどんな悩みを相談できるの?
→ 相談に乗ってくれるセラピストは?
→ 自分を癒すとどう変われるの?


■まずはお電話ください。
お申込み、お問合せは、有限会社オフィスTヒーリングセンター
TEL.03-3374-8780 (月・木曜除く)10:30〜19:00


写真・文章の転用を禁止します。
オフィスTヒーリングセンター 〒155-0033 東京都世田谷区代田4-35-18 TEL.03-5355-7055
アダルトチルドレン(AC)カウンセリング東京/心の相談室/心の相談室/お問合せ
セッション、ワーク、ヒーリングスクールに関するご相談、ご質問などございましたらお気軽にお問い合わせください。
〒155-0033 東京都世田谷区代田4-35-18
アクセスマップ
アダルトチルドレン/人間関係悩み相談・心の相談室
誰にも言えずに、ずっと1人で
抱えてきた心の悩み、どうか
1人で悩まずにご相談ください。
ヒーリングセラピスト養成スクール個人レッスンのオススメ
アダルトチルドレン・インナーチャイルドの癒し/ワークショップ
ACから回復するための癒しと
成長のワーク。学ぶとしっか
り身につく、癒しが進む!
アダルトチルドレン・インナーチャイルドの癒し/ヒーリングスクール
ヒーリング、透視リーディング
カウンセリングの3つを統合し
て学べるヒーリングスクール
アダルトチルドレン・インナーチャイルドの癒し/ヒーリング・透視リーディング無料体験会
ヒーリング体験、透視リーディング体験の2種あり。
アダルトチルドレン自助グループ/ACミーティング
ACのための自助グループによるシェアリング(無料)です。
毎週火曜日開催。
アダルトチルドレン/インナーチャイルドワーク
ACのための癒しのワーク。
あなたの輝くインナーチャイル
ドを蘇らせよう!
インナーチャイルドワークin清里
「私が伝えたい、本当の気持ち、その言葉」を探しに癒しの旅に出ます。
人間関係悩み相談/外川智子の本
何となく怖い
アダルトチルドレンと愛着障害
〜ACと愛着障害〜
アダルトチルドレンと愛着障害
購入申込書

アダルトチルドレンと対人恐怖
〜ACと対人恐怖〜
アダルトチルドレン(AC)カウンセリング東京/心の相談室/あなたの一番になりたくて〜AC(アダルトチルドレン)と対人恐怖
「私ってヘン?」といつも不安なあなたへ!対人関係が苦手なのは、あなたが“ダメ”だからじゃありません。
購入申込書

私は私をあきらめない
〜家族トラウマを超えて〜
人間関係悩み相談/私は私をあきらめない
オーラ療法の第一人者にしてACカウンセラーの著者が贈る、頑張りすぎる現代人、必読の書。オーラはあなたの苦しさの理由を雄弁に語ります。
購入申込書

人は人によって傷つくけれど、人は人の中で癒される
人間関係悩み相談/人は人によって傷つくけれど、人は人の中で癒される
アダルトチルドレン、トラウマ、共依存など実践的な心理療法と、オーラやチャクラなどから読み解く透視の技術、ヒーリングのテクニックを併用して、スピリチュアルな領域からクライアントの奥底までアプローチする癒しの書。
購入申込書